ピカルコくまちゃん

【元祖】名刺カタログ from 電子名刺カタログ│
デザイン名刺の専門販売

スペシャル名刺検索

デザイン名刺検索

店舗の消耗品検索

店舗様必見

お支払い方法

4種類の決済方法から選択

1.クレジットカード決済
決済手数料は当社負担の完全無料です!
一部上場企業を仲介しての安心決済です。
2.銀行振込
お振込手数料はお客様負担となります。
三菱UFJ銀行/ゆうちょ銀行から選択。
3.コンビニ決済
決済手数料 250円+税が発生します。
定番のコンビニ6社で支払いが可能です。
4.商品代金引換
送料+代引手数料 300円+税が発生します。
1万円未満の購入のみ利用可能です。
<代引は契約店舗様のみ利用可能です>

ご利用ガイド

電子版名刺カタログで常に最新情報

名刺カタログ表紙
実物の名刺カタログ-配布中止-

目で見て触れる実物の名刺カタログはとても便利ではありますが「名刺カタログ」は1冊1冊手作りで作っているため人件費を含めて1冊あたり4万円近い費用が発生します。また弊社ではデザイン名刺などの商品ラインナップを常時更新しておりますが、名刺カタログでは更新ができないため情報が劣化してしまいます。ですから名刺カタログは現在の状況や時代において、これからはメリットよりデメリットが上回ると判断したため配布を中止することに致しました。

旧はっぴーしゅありーの名刺カタログ
<名刺カタログ>
はっぴーしゅありー(旧社名)
厚さ:4cm 重さ:2kg

実物版名刺カタログからの脱却

電子版名刺カタログ販売サイト
電子版名刺カタログ-リリース-

<店舗様限定> LINE注文契約の流れ

LINEでマジ簡単注文
使えそうな名刺屋かご確認ください(笑)
まずは「会員登録」をお願いします
ピカルコのLINE ID
当社のLINEのトークまで「店舗取引希望」とご連絡ください
【当社LINE ID】 62739017
店舗のロゴがあればお送りください
支払方法を決定して店舗取引開始!

ご注文頂きました名刺の「仕上がりイメージ原稿」を印刷前に必ずお客様にご確認いただきますが、原稿確認のみキャストの方と直接のやり取りも可能ですし、ご注文自体をキャストの方からもお受けできます。支払い方法のみ統一して頂ければと思います。商品代金引換は送料と代引手数料が割高なのでオススメはしておりません。

<店舗様限定> LINEから簡単注文

LINEでマジ牛タン

店舗様だけのLINEだけでの注文の流れを簡単にご説明致します。

<店長・担当が代理で注文>
一言・二言でOKです!
<キャストからの直接注文もOK>
支払いは店舗か女性かの選択も可能!
キャストからの簡単LINE注文
電子版の名刺カタログをスクショ送信!
購入希望デザインのページを送付でOK!
画面キャプチャーで簡単LINE注文
キャストが書いたメモの写メでも対応可能!
FAXでの申込書を写メでも勿論対応可能!
メモの写メ送付で簡単LINE注文

【店舗様限定】 お支払方法

各種支払い方法一覧画像

お支払い方法は上記からお選び頂けます。

30,000円の預入金で
「まとめて後払い」も可能!

1)預入金は原則「銀行振込」にてご対応をお願いしております。
2)預入金は全ての商品代金の精算が完了していればいつでも返金致します。
3)お取引金額合計が3万円未満の場合は返金する3万円から振込手数料を引いた金額をご返金致しますので予めご了承ください。

ご質問でも何でもお気軽に!
LINE ID:62739017
ピカルコのLINE ID

名刺屋さんの名刺カタログ秘話

当社がデザイン名刺販売事業を開始した2008年には、名刺販売サイトは無く名刺カタログだけでの販売のみとしておりました。その後に名刺販売サイトをリリースしましたが、目的は名刺販売というよりも名刺カタログ配布の宣伝ツールの目的が強いサイトでした。

しかし名刺販売売上の2%程度だったインターネットでの名刺販売比率も、時代の流れに伴い5%、10%、15%と徐々に売上が拡大していきました。それでも名刺カタログの売上は不動のもので水商売業界での「名刺カタログ」は完全に固定化された文化の一つだったと思います。

今でも名刺カタログからの受注の方が売上比率としては大きいです。しかしコロナ渦で生活様式が変わり、時代はアナログではなくよりデジタルを求める時代になっています。オフィス勤務が当たり前だった働き方も不可能と言われていたテレワークに移行する時代です。かの有名なZOZOTOWNの創業者である前澤友作社長も当時は「インターネットで洋服が売れる訳がない」とアパレル業界全体から批判と失笑を受けたそうです。しかし現在はどうでしょうか?

冒頭での書いたように名刺カタログは1冊1冊手作りで作るため、4万円くらい原価のかかる高価なものです。また未だに名刺を配達してくれる名刺屋さんは営業マンの人件費もかかります。それらは全て名刺代金に計上されています。当社は少しでも低価格で商品をお届けするために固定費の削減を実現して高品質&低価格の実現に向けて頑張りたいと思います。

その第一歩がまさに「名刺カタログ」の撤廃です。そして通信販売が主流となった今、物流システムも向上し低価格で商品の配送が可能になりました。わざわざ名刺を配達する自社の営業マンを雇うコストも、また名刺代金を高くしなければならない要因の一つになります。

日本全国で多くのお客様に長くご愛顧頂ける名刺屋&印刷屋として、これからも頑張って参りたいと思います。かしこ。

スペシャル名刺から探す
デザイン名刺から探す
その他の名刺案内
名刺以外の商品案内
VIP会員募集
サイトご利用案内
ぶっとびぃぃ